出会い系攻略

女性がキュンとするレディーファースト例11選!

今日はレディファーストについて
説明します。

最初に断言しますが
身に付けてしまえば、こんなに簡単かつ
金を掛けずに女性から信頼される方法は無いと思います。

私が会社にいた時、飲み会で
全く話した事も無い女性社員から
「北川さんってすごい紳士ですよね」
と言われることが良くありました。

「あ、話したことあったっけ笑?」と返すと
「結構みんな言ってますよ~笑」
と言われることがありました。

私は当時からどんな女性でも
レディファーストな行動をしていたので
おそらく、その子にもしていたんだと思います。

これが出来るだけで、別にイケメンでもないのに
女性からちょっと注目されるようになります。

最初の第一印象が良いので
その後デートするのにもプラスに働きます。

女性としては「男ならやってくれよ」と
内心思っていますが、出来る男が少ないので
レディファーストをすると、「ドキッ」とします。

だれでもできる事なので
是非明日からやってみてください。

 

■なぜ女性はレディファーストが好き?

それは「大事にされている」と感じるからです。
そもそも人間は男と女がいて、
子供を産むためにはHする必要があります。

だから男も女も恋愛に興味があり
出来るだけ自分に合ったパートナーを探すために
努力を重ねるわけです。

女性は、男性に比べて体の構造が弱いです。
体は小さく、筋肉量は少ないですし、華奢なので
暴力に非常に敏感です。

女性は力が弱い分、男性に身を守ってもらう
必要があります。

今の日本ではほとんど起きないと思いますが
昔は道路でいきなり襲われてレイプされる
という事件が頻繁に起きていました。

現在でも途上国では、女性への性暴力は問題となっています。

力ずくで襲われると、女性は心に大きな傷を負うし
何より望まない妊娠をする事になります。

妊娠というのは、女性の労力、時間を大きく奪います。
妊娠中は動きが制限されるし、
その間自分を守ってくれる男性が居なければ、大変な思いをします。

ですから、女性は無意識に男性に対して
「自分を守ってほしい」と感じています。

だから女性は
自分を危険にさらしたり、守ってくれないなどの
男らしくない行動をすると幻滅するわけです。

筋肉ムキムキな男性がモテるのも
マッチョな男性が横にいれば、誰も襲ってこないからです。

上腕二頭筋, Triceps, 適合, フィットネス, 筋, 体, 運動選手, ボディービルダー, 筋肉, 胸

 

結局女性が「ドキッ」とするのは、
ほとんどが自分の為に、男らしい行為をされた時なのです。

それは、自分の安全を強く感じるからです。

大きな事故をギリギリで避けた時
だれしも「ドキッ」としますよね?
それに似た感情なんだと思います。

レディーファーストも「守られている感覚」になるから
女性はキュンと来るんだと思います。

例えば、道路の車道側を歩いたりすると
「車から私を守ってくれてる」と
無意識で感じてしまうのです。

男性が思っている以上に、女性は
危機感をもって道を歩いています。
歩いているだけでナンパされますし。

見知らぬ海外の路地を歩くときって
ドキドキしますよね?
極端に言えば、あんなイメージです。

このレディーファーストをマスターすれば
どれだけメリットがあるか?理解いただけたと思います。

 

■マスターすべきレディファースト

やるべきレディーファーストは結構ありますが
大事なポイントは以下の4つです。
「道」「椅子」「ドア」「ご飯」。

 

【道】

道路には危険がいっぱいです。
後ろから来る自転車や、道路を走る自動車。
この危険から守ってあげるという意識を持つと
自然とレディーファーストが出来るようになります。

①車道側を歩く

有名な奴ですね。
女性が車道側を歩いていたら、さりげなく変わってあげる行為です。

あからさまだと恥ずかしいと思うので
道を渡る時、人ごみの中など
立ち位置が変わりやすい時に、車道側を歩くように
心掛けるといいです。

また話しながらさりげなく車道側に移動し
「それでさあ、、」と会話を続けると
相手にとっては自然に見えます。

 

②「あぶないよ」と少し腕を引っ張る

仮に後ろから自転車が猛スピードで
近くを通ったりしたら、彼女に当たらないように
「ごめんね」とか「あぶないよ」と言って
少し腕を引っ張ってあげます。

また、電車の出入り口で
彼女が会話に夢中で、邪魔になっていたら
ちょっと腕を引っ張ってあげます。

あんまり強く引くとびっくりするので
相手が気づく位の小さな力で十分です。

 

③重い荷物を持ってあげる

階段の乗り降りなので、スーツケースなど
重い荷物を持った女性に対しては
「持つよ」と声をかけて、運んであげます。

ただ、知らない女性にやると
警戒されることが多いので、私は一緒にいる女性にしかしません。

階段以外でも、女性が重たい荷物を持っていたら
必ず持ってあげます。

ファッションの一部としてカバンを持っている場合もあるので
私は極度に大きな荷物(スーツケースなど)だけ
持つようにしています。

買い物を沢山して、その袋を全部男性が持つと
周りから「男を尻に敷く女性だ」と思われるので
少し持つよ、と重い方の荷物だけもってあげます。

 

④階段やエスカレーターでは常に下に立つ

上りでも下りでも、階段やエスカレーターでは
女性から見て、常に下に立つようにしましょう。

理由はわかりますか?

それは女性が落ちた時危ないからです。

女性はハイヒールを履いたりするので
男性が思っている以上に転びやすいんです。
男性が下側にいれば、常に受け止めることができます。

上りの時は女性に先に行ってもらい
下りの時は、女性より先に行く。
これが出来ると、大分ポイントは高いです。

 

【椅子】

①ソファー席に座らせる

デートに行くときは、
基本的に奥に女性を誘導します。

おそらく上座だから、という理由もあると思いますが
後ろが壁になっているので、背後に誰もいないので
安心感があるのだと思います。

しかし手前にソファーがあり、奥側に椅子があれば
(あんまりないですが)ソファーを譲りましょう。

ソファーは椅子に比べて、楽ですので。
女性かリラックスできるというメリットもあります。

ソファー席を譲らないと幻滅する女性も結構いるので
気を付けてください。

個人的には椅子引くのはやりすぎな気がします。

 

②寒くない?と声をかけてあげる

デート中、レストランで女性が縮こまったりしていたら
「寒くない?」と声をかけてあげます。

男性に比べると女性は寒がりなので
気を使ってあげると良いと思います。

「ちょっと寒いかも」と言ったら
店員さんを呼んでブランケットを借りるか
空調の温度を上げてもらったりします。

 

【ドア】

①ドアを開けて、先に通してあげる

デートをしているときは、男性側がドアを引いて
女性を先に誘導してあげます。

そして、女性を先に通した後
次の人が近くに来ていれば、その人のために
少し開けておいてあげます。

このひと手間があるだけで、女性は
「気遣いが出来る人なんだ」と認識してくれます。

また、知り合いでなくても
開いたドアの先に女性がいれば
先に通してあげましょう。
これは会社で良く使えるテクニックです。

知らない社員でも、女性であれば
先に譲ってあげると好感度が高いです。

 

②エレベーターのドアを押さえておく

基本的にエレベーターに乗ったら
行先ボタンの近くに陣取り、皆を最後に降ろすまで
「開」ボタンを押してあげましょう。

また、子供連れや大荷物を持った女性には
中に入ってくるまでドアを押さえてあげます。

 

【ご飯】

①飯のスピードを合わせてあげる

居酒屋に行ったときは、
そこまで気にしなくてもいいですが
ランチやコース料理の時は、相手の女性の
食べるスピードに合わせた方がよいです。

ランチは大体一品料理で
男性が先に食べ終わると、女性は早く食べないと
と焦ってしまいます。

またコース料理も同様に、
男性がバクバク早いスピードで食べていたら
女性は落ち着いて食べられませんよね。

これもマッチングです。
食べるスピードを相手に合わせることで
相手を気遣っていることが伝わります。

 

②彼女の知らないところで会計を済ませておく

ご飯を食べ終わって、そろそろ会計かな?
というタイミングになり、女性がトイレに立ったら
その間に会計を済ませておきましょう。

彼女が帰ってきたら
「忘れ物ない?」と声を掛けながら
一緒に店を出ましょう。

スマートに支払いを済ませておけば
会計の時の押し問答が不要になります。
女性は「スマートだな」と感じます。

 

③飲み物が少なくなったら、声をかけてあげる

デートをしている時に、相手のグラスのお酒が
大体2割くらいになったら
「次なにか飲む?」と声をかけてあげます。

「どうしよっかな」と言いながらメニューを探すので、そっとメニューを渡してあげます。

 

■レディファーストが恥ずかしい?

恋愛コンサルをしていると、
「レディーファーストが恥ずかしくて出来ないです」
という悩みを聞きます。

たしかに、最初は恥ずかしいです。
しかしなんで恥ずかしいのか考えてみてください。

おそらく、レディーファーストされて
うれしくない女性はいません。
「へえ、○○君紳士だね!」と言われるのが嫌なんでしょうか?
照れるのは分かりますが
「いや、そんなとこないよ笑」と返せばいいのです。

もしくはレディーファーストをしているところを
他の男性に見られて、何か言われるのが嫌なのかもしれません。

しかし考えてみてください。

あなたは、レディーファーストをしたくらいで
イジってくる男性の評価が欲しいのでしょうか?
違いますよね?
女性からしっかりと評価された方がうれしいですよね?

グローバル化している世の中で
レディーファーストをしない方が
逆に恥ずかしいと私は思います。

「おれは日本人だから」と言い訳する前に
「やらない方がおかしい。相手は喜ぶんだから」
と自信をもって、このようなレディーファーストを
行ってほしいな、と思います。

おすすめ記事!

このブログでは「人妻と自由にHする方法」について説明しています。

今のご時世、どこにも出れずにストレスを抱えた欲求不満の人妻や熟女がたくさんいます。

北川
多くの人妻は「離婚はしたくないけど、欲望は発散したい。このままムラムラして死ぬのは嫌だ」と考えています。だから面倒な口説きは必要ありません。

同じ男と、しかも愛されてない夫と一生Hしないといけないとなると、人妻もきついですよね?

人妻と出会って欲望を発散したい人は、以下の記事がおすすめですよ。

人妻のパートナーを見つける!

ハッピーメールに参加する!


※18歳未満は利用できません

-出会い系攻略

© 2022 聖水フェチへ。聖水プレイのやり方と出会い方 Powered by AFFINGER5